自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリットとデメリット

自毛植毛のメリットデメリット

植毛の方法の中でも自毛植毛と言われる方法は、文字通り自分自身の毛をドナーとして用います。実際には後頭部や側頭部から採取して使うのですが、髪の毛全体に薄毛が進んでいたりするとドナーとなる毛を十分採取できないことがあります。

そうなると思う通りの植毛ができないためデメリットとなります。
また施術時には自分自身の毛を採取する分時間がかかり、費用面においても人工毛植毛に比べると高くなっています。さらに施術後いったんヘアサイクルの関係から抜け落ちてしまうことがあり、見た目に髪の毛が生えそろうまでには時間がかかります。

 

しかし自毛植毛は、自分自身の毛をドナーとするため移植後に拒絶反応を起こすことが無いというのが最大のメリットです。いったん定着するとその場で自分の毛として成長を続けるので、後になってまた植毛をし直したりというメンテナンスの必要がありません。また後頭部や側頭部は比較的薄毛になりにくいという傾向があるので、植毛した毛についてもその性質を受け継いでいます。そのため移植後は薄毛になりにくいというメリットもあります。

 

>>植毛の価格は?【おすすめクリニック】若返りたい人必見!

自毛植毛のメリット・デメリット植毛の価格は?記事一覧

植毛が失敗したら!?

植毛についてネットで調べてみると、気になる単語がいくつも出てきます。それは失敗という言葉です。植毛はクリニックなどで行う医療行為にあたるものです。医療行為で失敗なんてありえるのかと思いますよね。今回は植毛の失敗について紹介します。植毛の失敗で多いのが、傷口が残るという点です。これは自毛植毛に限られた...

≫続きを読む

植毛部分のニキビ

薄毛をカバーすることができる植毛ですが、この植毛を行った後はニキビができやすいと言います。植毛は自分の毛か、人工毛を植えていくものです。新たに毛が植え込まれていくことで皮膚がビックリして、ニキビができやすくなるのかもしれませんね。このニキビですが、術後にできやすいと言われています。術後の皮膚にニキビ...

≫続きを読む